よこはま高度実装技術コンソーシアム

YJC
ユーザー名: パスワード:
会員限定情報を閲覧するにはログインが必要です。
Menu
ニュース : YJC創立9周年記念シンポジウム 開催のご案内
投稿者: admin 投稿日時: 2015年8月3日 (1449 ヒット)

             YJC創立9周年記念シンポジウム
           −更なる飛躍に向けて−
−KAMOME−PJ Phase 轡好拭璽
(2015年4月〜2017年3月)


皆様のご支援により、当コンソーシアム(YJC)も創立9周年を迎えることができました。

第1部のポスターセッションは、横浜国立大学の先生の研究成果及びYJC会員企業の
先端技術や製品を紹介するポスターを見ていただきます。

第2部は、横浜国立大学の河野教授に、無線医療機器BANのビジネス・臨床導入に
必要な国際標準・薬事承認・実装技術(ユニバーサルプラットフォーム)に関する
ご講演、株式会社東芝の四戸氏にはSiCパワーデバイスの特徴と研究開発の
最新動向に関するご講演を行っていただき、第3部はYJCの活動報告を行います。

有意義なシンポジウムに致したく、皆様方のご来場を心よりお待ち申し上げます。


【日 時】  平成27年9月24日(木)
        10:30 〜 17:00 (受付:10:00〜)

【場 所】  横浜情報文化センター6,7階 
       (横浜市中区日本大道り11 みなとみらい線 日本大通り駅下車)   
       TEL:045−664−3737

【参加費】 (一般 ) 6,000円 、(YJC法人会員/正会員) 4,000 円 

【お申し込み方法】 下記リンクをクリックいただきフォームに必要事項をご記入の上
          ご登録お願いいたします。

              ⇒ 終了いたしました

【プログラム】

第1部 ポスターセッション

  10:30 〜 12:00  横浜国立大学、YJC会員企業、
             KAMOME−PJ 機↓供群餔企業


第2部 挨拶及び講演

 13:00 〜 13:10  主催者挨拶
            よこはま高度実装技術コンソーシアム 理事長 白鳥正樹

 13:10 〜 13:20  来賓挨拶
             関東経済産業局 地域経済部 産業技術課 課長 滝澤剛

 13:20 〜 14:20  基調講演
            「無線医療機器BANのビジネス・臨床導入に必要な国際標準・
              薬事承認・実装技術(ユニバーサルプラットフォーム)」
              −多様なセンサ・制御・無線モジュールに共通な
               実装標準プラットフォームと産学官アライアンスビジネス−

            横浜国立大学未来情報通信医療社会基盤センター センター長
            横浜国立大学大学院工学研究院知的構造の創生部門
              教授  河野隆二

         *少子高齢化が進む現代、高信頼医療機器にグローバルビジネスの
          好機である。
          特に、先端無線ICTに基づくBANボディエリアネットワーク)の
          国際標準IEEE802.15.6に準拠した無線デバイス、Dependable
          MACプロトコルなどが揃った今、薬事法(医療機器法)準拠と
          共に、実装特に、多様な場至センサのためのインターフェイル、
          APIの標準化が不可欠である。
          技術の標準化だけでなく、大企業、SMEによる適切な産学官
          アライアンスが必要であり、現状と今後について言及。

 14:20 〜 15:20  招待講演
            「電力制御を担う省エネパワーデバイスの最新動向」
            〜 新材料SiC半導体の社会インフラへの応用が始まった 〜

            株式会社東芝 研究開発センター電子デバイスラボラトリー
              参事 四戸孝

         *家電、自動車、太陽光発電、電車などの広い分野で電力制御を
          担い、省エネ化を実現するパワーデバイスの重要性が高まって
          おり、次世代半導体として開発が進められてきたSiC、GaNの
          各種システムへの応用が急速に活発化してきている。
          本講演では、SiCパワーデバイスを中心にその特徴と研究開発・
          実用化の最新動向を紹介。


(休憩 20分 ) 15:20 〜 15:40


 15:40 〜 16:10 「SiC等大電流パワーモジュール用実装材料開発・評価支援PJ
           (KAMOME−PJ 供乏萋以鷙陝
            KAMOME−PJ 掘.廛蹈献Дトリーダー
            横浜国立大学 安心・安全の科学研究教育センター
              客員教授 高橋昭雄

 16:10 〜 16:40  「実装スクール活動報告」
            よこはま高度実装技術コンソーシアム 理事 小泉孝昭

 16:40 〜 16:45  閉会の辞
            横浜国立大学 副学長 森下信


第3部 交流の部

 17:00 〜 18:30  レセプション会場にて懇親並びに情報交換


【主 催】 よこはま高度実装技術コンソーシアム (運営担当:NP0法人YUVEC )
【共 催】 国立大学法人横浜国立大学(予定)
【後 援】 神奈川県、(公財)神奈川科学技術アカデミー(予定)
【協 賛】 (株)TNPパートナーズ(予定)、(株)TNPオンザロード(予定)、
       (株)図研(予定)、NPO法人サーキットネットワーク(予定)


【お問い合わせ、お申し込み先】

 (事務局)NPO法人YUVEC (http://www.yuvec.org/)
      担当 合志、大竹 y-jisso@ml.ynu.ac.jp

  〒240-8501
  横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 横国大共同研究推進センター内
  Tel 045-340-3981  Fax 045-340-3982


【お申込みフォーム】

下記リンクをクリックいただきフォームに必要事項をご記入の上ご登録お願いいたします。

              ⇒ 終了いたしました

 (以 上)

印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする