よこはま高度実装技術コンソーシアム

YJC
ユーザー名: パスワード:
会員限定情報を閲覧するにはログインが必要です。
Menu
ニュース : KAMOME A-PJ Phase兇悗里誘い
投稿者: admin 投稿日時: 2021年7月16日 (181 ヒット)

◆◆ KAMOME A-PJ Phase兇悗里誘い ◆◆


 2017年4月から2020年3月まで3年間活動したKAMOME A-PJでは、パワーモジュールを構成する封止材、接合材、放熱材の高Tj動作パワーモジュール実装材料信頼性評価を片面放熱パワーモジュールを用いて行いました。

その結果、信頼性評価の一つであるPCT(Power Cycle Test)(1サイクル:65℃(18秒)/225℃(2秒))において、目標である5万サイクル達成前にAl Wire接続部のLift off又はAI Wire自体の断線が生じ、課題を残しました。


 コロナ禍の中、KAMOME A-PJ Phase兇2020年7月開始(2023年3月終了予定)しました高Tj動作パワーモジュール実装材料の信頼性評価用片面放熱モジュールは、KAMOME A- PJ で課題のあったチップと基板とのAl Wire 接続をクリップ接続に変えた構造に改良した結果、多くの評価サンプルが65℃/225℃のPCT目標 5万サイクルを達成し、高Tj動作パワーモジュール実装材料の信頼性評価を行うプラットフォームとして用いることが出来ることを実証しました。


 PJ2年目、65℃/250℃ PCT5万サイクルを目指して活動しております。

 高Tj動作パワーモジュール用実装材料を開発されております企業様におかれましては、添付します  KAMOMEA-PJ Phase兇膿頼性評価に使用しました片面放熱モジュールの外観と構造  高Tj動作パワーモジュール実装材料プロジェクト(KAMOME-PJ 及び KAMOMEA-PJ) KAMOME A-PJ Phase兇離僖鵐侫譽奪 のPDF File を開いて目を通され、KAMOME A-PJ Phase への参加をご検討いただきたく、宜しくお願い致します。 

【添付】

  片面放熱モジュールの外観と構造 (PDF)
  (KAMOMEA-PJ Phase兇膿頼性評価に使用)
  高Tj動作パワーモジュール実装材料プロジェクト (PDF)
  (KAMOME-PJ 及び KAMOMEA-PJ)
  KAMOME A-PJ Phase兇離僖鵐侫譽奪 (PDF) 

***************************************************************
 〒240-8501
 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 
 横浜国立大学共同研究推進センター1階

・特定非営利活動法人YUVEC http://www.yuvec.org/
・よこはま高度実装技術コンソーシアム (YJC) http://www.y-jisso.org/

 tel:045-340-3981 fax:045-340-3982
 担当:大竹康久  Mail:ootake-yasuhisa-gz@ynu.ac.jp

***************************************************************

印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする