よこはま高度実装技術コンソーシアム

YJC
ユーザー名: パスワード:
会員限定情報を閲覧するにはログインが必要です。
Menu
カテゴリ一覧
過去の投稿記事

2018年4月10日(火曜日)

第47回 実装技術セミナー(6/12)開催

カテゴリー: - admin @ 12時52分

平成30年6月12日(火)午前11時から12時まで第13回YJC総会が開催されます。
この機会に皆様のご支援、ご協力に感謝申し上げます。

さて、同日午後1時半から「第47回YJC実装技術セミナー」が開催されます。
詳しくは「ニュース」欄をご参照ください。

昨日まで「交渉中」であった4番目の講演が次のように確定致しましたのでニュースを差し替えました。
5.(16:25〜17:15)
「昆虫の羽ばたきが拓く超小型生物規範飛行システム」
千葉大学 大学院工学研究科 教授 劉 浩氏
   昆虫や鳥の羽ばたき飛行の運動計測や解析、力学シミュレーション、飛行制御、
超小型羽ばたき飛行ロボットや生物規範ドローンなどの開発

いづれの講演でも最先端の技術動向が紹介されますのでぜひご参加ください。お待ちしております。
(事務局 鷹野征雄)


2017年9月21日(木曜日)

第46回YJC実装技術セミナーの未定講演確定

カテゴリー: - admin @ 15時08分

「ニュース」でご紹介した「YJC実装技術セミナー」の4番目と5番目の講演が決まりました。記事を修正してありますので、ご確認ください。
今回は天候不順や主幹の体調不良などが重なり告示が大変遅れましたこと、お詫び致します。ユニークな講演が組まれていますのでぜひご参加ください。
(事務局 鷹野)


2017年3月9日(木曜日)

先端パワエレ講座が3年間延長します

カテゴリー: - admin @ 15時56分

 あれこれ苦労したNEDO委託事業「先端パワーエレクトロニクス技術体系教育講座」は2月3日のベーシック・コース第5日を最後に無事終了いたしました。
 多数の方々に応募いただき感謝に耐えません。受講した方々も、向上心の強い方々で、大変気持ちよくお手伝いさせていただきました。ベーシック・コース2回40人、アドバンスト・コース1回20人、合計60人が皆勤し、全員修了証書を手にしたことは賞賛に値すると思います。また、それを支えた横浜国立大学の教授陣、指導スタッフ、外部講師、協力企業・自治体の寝食を忘れた献身は想像を超えたものでした。
 その講座がバージョンアップして更に3年間延長することが内定いたしました。教育投資の費用対効果は短期には現れにくいのですが、税金を使っての講座です。企画から実行までに関わる人間の一人として、改めて身の引き締まる思いが致します。一人でも多くのパワーエレクトロニクスの専門家が育ち、世界をリードしてゆくことを願わずにはいられません。
 今後ホームページ他の媒体を通じて詳細をお知らせいたしますが、ベーシック・コース、アドバンスト・コース共夏、冬2回開講されます。あらかじめスケジュールに組み込んでいただき、余裕を持って応募できるよう準備をお願いいたします。
(事務局 鷹野征雄)


2016年2月4日(木曜日)

立春のご挨拶

カテゴリー: - admin @ 14時55分

大変ご無沙汰しております。

昨年12月17日に横浜国立大学がNEDOの公募に応募した「先端パワーエレクトロニクス技術体系教育講座」の採択が内定し、大学から再委託を受けて、色々とコーディネートの作業を進めております。

詳細が決まり次第順次HP上に公開してゆきますが日程だけはあらかじめ予告しようということで、本日イベントカレンダーにアップしました。

ベーシック・コース(前期】が8月23日(火)〜27日(土)の5日間、アドバンスト・コース(後期)が12月6日(火)〜8日(木)、13日(火)〜15(木)の6日間、ベーシック・コース(後期)が平成29年1月25日(水)〜26日(木)、2月1日(水)〜3日(金)に決まりました。

また、今日から、事務局のホームページ担当にパナソニックOBの佐脇さんが加わりました。しばらく更新が滞ていた分を取り返すつもりで対応いたしますので、よろしくお願い申し上げます。(事務局 鷹野征雄)


2015年9月11日(金曜日)

台風被災お見舞い申し上げます

カテゴリー: - admin @ 14時23分

 台風17号、18号のアベック台風による被害は想像を超えるものになっています。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 14年前の9月10日も台風で、私の近所(江戸川区)の床屋の屋根が吹き飛んでしまったのを思い出します。11日夕方は、雲の流れが速いながら台風一過の夕焼け富士を見ることができました。そして夕餉の時、あの忌まわしい画面がテレビで放映されました。時が経っても天災、人災が減らず対策も後手後手になっている悔しさを感じます。
 そんな中、今年はランドマークタワーの18階の「横浜国立大学ビジネススクール」の教室をお借りして「実装スクール2015 実装基本コース」を実施いたしました。台風の中にも関わらず、鹿児島、大分、滋賀、愛知、岐阜、静岡など遠隔地からの参加者を含む全員が出席することができました。関係者の皆様に御礼申し上げます。
 最終日の今日は「接続と信頼性」「故障解析と分析」でトラブルに対する予防保全がテーマです。せめて”ものづくり”の世界では天災、人災を未然に防いでいきたいと願っております。引き続き、来月10月20日(火)から22日(木)の3日間「設計とシミュレーションコース」を開講いたします。「ボタンの掛け違い」を起こさぬためにはスタートが肝心。設計がよければ結果がよいといえるでしょう。パワーエレクトロニクスの実装設計の課題と対策など役に立つ講義が満載です。ご参加をお待ちいたします。
(事務局 鷹野征雄)


2015年4月9日(木曜日)

お久しぶり

カテゴリー: - admin @ 17時29分

花冷えの中、キャンパスの桜も散りましたが、枝垂桜が盛りです。
6月11日の「第41回実装技術セミナー」の内容がまもなく決まります。また9月24日の「創立9周年記念シンポジウム」も会場の「横浜情報文化センター」の予約が取れ準備が始まりました。
予定表に入れておいてください。(事務局 鷹野)


2014年6月17日(火曜日)

ワールドカップ

カテゴリー: - admin @ 16時43分

 6月12日(木)第9回YJC総会と第39回YJC技術セミナーを開催いたしましたが、ご参加の皆様には御礼を申し上げます。お陰様で盛会に終わることが出来ました。
 同じ日といっても時差がありますがブラジルでW杯の幕が切って落とされました。今年の日本のマスコミの熱の入れようは凄まじいと感じるのは私だけでしょうか?阿部さんの国粋的傾向と重なって不気味ささえ感じます。とはいえ、日曜日のコートジュボワール戦での逆転負けは残念でした。あと2戦自分らしさを発揮して決勝に進めるよう応援してゆきたいと思います。
 実装の分野での戦績は量産分野で劣勢ですが、先端分野では「日本」は輝きを失ってはいないと思います。”腐っても鯛”というところでしょうか。相対的な円安の効果もあってか、日本のエレクトロニクス関連企業の復調が伝えられます。戦列を整備して、いよいよ押し返すという局面だと思いますが、長く続いた不況で、肝心の選手層が薄くなっているというのが実情のようです。
 本日「ニュース」欄に『JISSOスクール』リニューアルオープン!!の記事を掲載いたしました。これまでのカリキュラムを再編し、コンパクトなコースを6種類提供いたします。いずれも戦力アップに直結するコースとなっていますので、皆様のニーズに合わせて選択していただきたいと思います。特長の中でも触れておりますが、スクール講師陣との交流は貴重な財産になりますし、幅広い関連産業の各分野の企業から参加の受講者との交流は”異業種交流””同業種交流”となり、自社文化の中では得られない「お気づき」を提供してくれます。是非ともご参加ください。また、部下や関係者におすすめいただきたく。よろしくお願いいたします。(事務局 鷹野)


2014年6月6日(金曜日)

YJCも9年目/12日が総会総会です

カテゴリー: - admin @ 19時16分

石の上にも3年といいますが、YJCは今年の7月4日(金)で満8歳になります。
皆様の会費や寄付で成り立つNPO法人YUVECを組織の母体として生まれたコンソーシアムですが、大学、企業、官・公のご支援で今日まで活動を続けることができました。事務局の一員として感謝しております。
事業の柱は「情報提供・交流」「教育」「共同研究」ですが、「共同研究」は「KAMOME」プロジェクトが佳境に入りました。「情報提供」は6月12日(木)の午後第39回実装技術セミナー(ニュース参照)があり、9月10日(水)には8周年記念シンポジウムを開催します。「教育」につきましては大幅なバージョンアップをはかります。詳細に詰まり次第募集を開始しますのでご期待ください。なお日程はイベントカレンダーに掲載いたしました。(事務局 鷹野征雄)


2013年11月14日(木曜日)

「基板プロセス学習コース」と「第38回YJC実装技術セミナー」

カテゴリー: - admin @ 17時40分

 立冬を過ぎた辺りから、季節が「正気」を取り戻したように、寒い日が続いています。一方で景気回復の報もボチボチで始め、暖かさを感じるむきもあるようですが、寒さが身にしみますね。
 さて、本日は本会「ニュース」ページ欄、「基板プロセス学習コース」(10月18日掲載)の改定と「第38回YJC実装技術セミナー」開催案内のリリースを致しました。 
 「基板プロセス学習コース」のコンテンツは2007年の経産省の補助事業で開発されたもので、基板製造ラインに実際に入り講義、見学、実習を行うユニークな内容です。それ以来毎年開講され、バージョンアップを続けていますが、設計開発、原材料開発、基板製造、ディバイス製造などに関わる技術者が多数受講しています。是非ご参加ください。
 「第38回実装技術セミナー」はパワーエレクトロニクス実装技術に焦点を当てました。尚、講演ごの「技術交流会」はYJC実装技術セミナーの特徴の一つで、多くの技術者が、この場で異業種、または同業種交流を進め人脈を広げています。年末のお忙しい時期ですが、是非ご参加ください。
(YUVEC/YJC 事務局 鷹野征雄)


2013年9月24日(火曜日)

シンポジウム無事終了/秋〜冬は充電のチャンスです

カテゴリー: - admin @ 17時12分

さすがの猛暑も16日に来襲した台風が連れ去ってくれたようです。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
9月20日(金)の「YJC創立7周年シンポジウム」はお陰様で盛況のうちに終了しました。パネルディスカッションでは「実装工学教育のあり方」を巡って、大学、企業、官庁の立場からいろいろな意見が出されました。皆様に共通するのは、日本の競争力の低下に対する懸念と危機感でした。
「ものつくり」と「実装」は不可分なのですが、最近は科学も技術も細分化され、全体を見通せる技術者が減ってしまったこと。生産拠点の海外移転等からR&Dも停滞気味であること。しかしアジア地域全体でみれば、日本がR&Dの牽引車の役割を担っていること。
これらを踏まえると個別学問の進化と合わせて全体を統合する能力を育成しなければならない。企業のOJTに割かれる時間は減っていないと言うが、だとすれば内容が劣化していないか?大学は論文主義に偏りすぎていないか?など問題点と課題が提起されました。
YJCはこれらの問題に一つの解を提供できるのではないかと思います。本日本欄の「ニュース」でお知らせいたしましたように「JISSOスクール2013根幹コース」を開講致します。ご関係の皆様の受講をお待ちしております。(YJC事務局 鷹野征雄)


2013年8月9日(金曜日)

ニュース「シンポジウム開催通知」を改訂しました

カテゴリー: - admin @ 15時35分

立秋が過ぎても、「残暑」が残酷なほどです。熱中症には十分気をつけましょう。
さて、本日7月30日掲載のニュースを改訂いたしました。第3部をオープンディスカッションと位置付け、モデレーター村富教授を予定いたしましたが、その後の企画会議で「パネルディスカッション」に切り替え、モデレーター白鳥名誉教授に変更することとしました。国際競争が激化する中、社内外での技術者教育が十分に行えない環境にあります。そんな中で、大学の教育には何が求められているのか、
YJCの教育プログラムには何が期待されているか、パネラーからの現状認識や現状報告をベースにして、会場の皆様と実のある討議ができればいいなというのが狙いです。技術者教育に関して、日頃お持ちのご意見をご披露ください。ご参加をお待ちしております。(事務局 鷹野征雄)


2013年7月25日(木曜日)

終戦のエンペラー

カテゴリー: - admin @ 14時52分

 参議院選挙が終わった翌日、東京商工会議所の試写会で「終戦のエンペラー」を見てきました。保守的な安倍政権が長期政権となると言われるこの時期に「天皇の戦争責任」に関するUSA映画が何故日本で封切られるのか?裏側の事情を推測しながら見ましたが、概ね史実に忠実で日本の文化や歴史に対する包容力はあったと思います。他国の歴史や文化に不寛容な風潮が国際的に広がる中、アジアの隣国の人にも見てもらいたい映画です。
 さて、本日は「ニュース」に横浜国立大学 安心・安全の科学研究教育センターの「公開セミナー」開催のご案内を掲載致しましたが、大災害を未然に防ぐのは、関連する科学技術の発達とともに、その科学技術を広く伝えること、それを正しく活かす「ものの考え方」「判断力」の強化ではないでしょうか?あの太平洋戦争もはじめる前から結果を予測できる多くの知識人がいたにもかかわらず、戦争に突入してしまいました。いかなる事業に携わっていても「予防保全」は必要です。是非お時間を割いて聴講いただければ幸いです。(事務局鷹野)


2013年6月20日(木曜日)

YJCの第8回総会と第37回YJCセミナーが無事終わりました

カテゴリー: - admin @ 16時31分

カラ梅雨が一転して、局地豪雨を含む梅雨らしい梅雨に変わりました。変わりやすいのは「○○心と秋の空」だけでは無いようです。
さて、お陰さまで先週の木曜日、総会とセミナーが終了しました。総会は正会員、法人会員89名中、18人が当日出席、委任状32名で成立し、昨年度の活動報告、決算報告、本年度の活動方針、予算案の審議、会則の一部改訂、役員選任が討議され、原案通り承認、可決しました。これに基づき、ホームページの改訂作業を進めますので宜しくお願いいたします。
第37回YJCセミナーは、趣を変えて、「東日本大震災に学ぶ」をテーマにしましたが、いつもの半数程度の37名の参加にとどまりました。とはいえ、参加者は各講師の迫力ある講演を、熱心に聴講し、会場の熱気はいつも以上だったと思います。ほとんどの参加者が残った交流会では、感想を述べ合うなど企業の壁を超えた交流ができました。参加の皆様本当にありがとうございました。(事務局鷹野征雄)


2013年5月10日(金曜日)

常盤台の緑がきれいです

カテゴリー: - admin @ 16時01分

 大型の連休が開けて、ここ横浜国立大学のキャンパスも様子が変わってきました。新緑の美しさは毎年見ていても、その都度感動させられます。食堂の学生も急に大人びて若者の成長の速さを感じさせます。気のせいか今年は昨年より明るい雰囲気です。やはり”気”が影響しているのでしょうか?日本の”再チャレンジ”が持続することを期待しています。
 ところで、6月13日のセミナーですが、未だ未だ席に余裕があります。同じ業界に属する企業や研究所がどんな被害に遭い、どう立て直し、次に襲ってくる地震災害に、どのように対処しているのかを知るのは、一般論としての「防災対策」を聞くのとは雲泥の差です。
 被災した講師には、隠しておきたい事情を含めて重要な事実を皆様に開示し、少しでも減災できるよう講義していただけます。この際、是非ご参加していただき、皆様の属する企業、研究所の被害を最小限に食い止める力になっていただきたいと思います。(YUVEC/YJC事務局 鷹野)


2013年4月2日(火曜日)

新年度開始にあたって;6月13日はYJCセミナーです

カテゴリー: - admin @ 16時36分

今年の桜は、早く咲き早く散ると言われていましたが、3月末の冷え込みで、入社式や入学式まで持ちそうです。自然の粘り腰には感嘆させられます。
ところで、みなさんの企業では新入社員を迎えましたか。わたくし達NPOでは残念ながらルーキーの参加もなく平均年齢が1歳上がりました。財政基盤が確立しないと働き盛り世代を仲間に入れられないのがNPO法人の現状です。皆様の会費が命綱ですので法人会員、正会員への登録をお願いいたします。
そんな中で新生プロジェクト「KAMOME-PJ?」が無事キックオフできる見込みとなりました。既にお申し込みの企業、稟議中の企業、検討中の企業の皆様には深く感謝申し上げます。先月末で締め切りましたが、今から検討される方も念のため事務局にご相談ください。できる限りの対応はいたします。
さて、プロジェクトの陰になりがちですが、6月13日(木)の第7回YJC総会の後に開催される「YJC技術セミナー」も第37回を数え、内容も充実してきました。今回は「実装」を少し離れ、「東日本大震災に学ぶ」と題して、安心・安全・危機管理など事業継続のための教訓を共有したいと思います。
プログラムは、当コンソーシアム理事長で機械学会会長を歴任した横浜国立大学 白鳥正樹名誉教授の原発事故に関する話、横浜国立大学環境情報大学院 酒井譲教授の津波−地盤洗掘、地震解析などの話題、被災して早期立ち上げに成功した企業の経験と教訓、被災大学の被害の実情と教訓など生々しく貴重な情報満載になる予定です。
詳細が決まり次第、当サイトの「ニュース」欄に掲載しますので、今から予定に入れておいてください。宜しくお願いいたします。(YUVEC/YJC事務局 鷹野)


2013年3月21日(木曜日)

暑さ寒さも彼岸まで

カテゴリー: - admin @ 13時14分

ここ横浜国立大学の桜も、ぼちぼち咲き始めました。靖国神社の開花基準木より少し遅いようです。今朝のテレビでは、上野公園の花見客へのインタビューが放映されておりましたが、昨年に比べて、財布の紐が少し緩んでいるようです。桜のように、このまま一気に開いて散ってしまうと「バブル」ですが、そうならぬよう祈っております。
 本日は一昨年立ち上げた「KAMOME-PJ」の最終の合同委員会が開催され、成果の確認と報告書作成へのプロセス確認が行われました。新たに募集中の「KAMOME-PJ ?」も関心を集め、問い合わせなども多い中「参加申し込み」が入り始めました。一社でも多くの会社が参加されるよう、お待ちしております。
 「ニュース」でも取り上げましたが、「YNUよこはま実装技術研究拠点」のホームページが開設されました。これにより、関連の研究者に対するアクセスが便利になりました、是非ご活用ください。(YUVEC/YJC事務局 鷹野)


2013年2月5日(火曜日)

春を見つけた

カテゴリー: - admin @ 12時37分

 寒い日が続いておりますが、昨日は「立春」。そういえば一昨日の日曜日、新中川の河川敷で菜の花が咲いているのを見ました。確実に春が近づいているのですね。
 経済界も「アベノミクス」で久しぶりに明るい雰囲気で推移していますが、「気分」が「本物」につながることを願うばかりです。
 「ニュース」で一般社団法人エレクトロニクス実装学会標準化状況調査研究会の講演会(2/28)をご紹介いたしましたが、副題は【 実装ものづくりを元気にする 】◇国際ビジネス競争生き残りに絶対不可欠「技術開発そして国際標準化」◇ です。万障お繰り合わせの上ご参加いただければと思います。
 YJCでは先日お知らせした、パワエレ新規プロジェクトの準備で慌ただしくしております。3月1日(金)12時30分より参加募集の詳細説明会を予定しております。こちらも予定表に入れておいて頂ければ幸いです。(事務局 鷹野)


2013年1月15日(火曜日)

謹賀新年

カテゴリー: - admin @ 17時09分

あけましておめでとうございます。
昨日は予想外の大雪で大変でした。トラブルに巻まれた方にはお見舞申し上げます。
今年度もあと2ヶ月半となり慌ただしさを感じます。
YJCの主な行事としては、2月末〜3月初旬にかけての1日(未定)に『KAMOME-PJ
』の後続に位置づける新規プロジェクト『KAMOMEプロジェクト?(略称)』の募集/説明会を予定しております。決定次第「ニュース」に掲載いたしますので、ふるってご参加ください。
また、3月13日〜15日に東北大学で開催されるエレクトロニクス実装学会「第27回春季講演大会」でチュートリアルセッションに協賛することとなりました。
学生・初学者・初技術者向けチュートリアルセッションは3月14日(木) 10:30〜14:30に開講予定で、プログラムは次を予定しております。

 概要編:?電子機器における電子回路実装の重要性  羽深 等(横浜国立大学)
 基礎編:?回路図に表れないパワー回路混載プリント板実装設計の要点 井上 博文(NEC)
  ?プリント配線板の役割とその技術  高木  清(YJC)
     ?半導体デバイス・電子部品の実装技術   本多  進(YJC)
 応用編:?モバイル機器を中心とした機器の実装と信頼性技術  八甫谷 明彦(東芝) 
     ?グリーンパワエレの旗手、SiCパワーデバイスの実装 宮代 文夫(YJC)
  *チュートリアルセッションは学生の聴講は無料です。

(YUVEC/YJC事務局 鷹野征雄)


2012年11月9日(金曜日)

立冬

カテゴリー: - admin @ 14時28分

気がついてみれば、暦の上ではもう冬なのですね。
アメリカの大統領選挙が済んで、中国の次期執行部の行方に関心が移っているようですが、どこの国も「決められない政治」、「財政の崖」、「腐敗と格差」などを抱えて大変です。せめて自分たちの周りだけでも明るく行きたいのですが、そうは問屋がおろしてくれません。
『根幹コース』『基板プロセス実習コース』を募集中ですが、業界を襲う不況が影を落とし、「内容はいいが、行きたくても行けない」方も多いようです。でも、ピンチのときこそ”自己投資”が重要だと思います。是非ご検討下さい。(事務局鷹野)


2012年10月19日(金曜日)

JISSOスクール『根幹コース』『基板プロセスコース』でお会いしましょう

カテゴリー: - admin @ 16時36分

やっと秋になったと思ったら、晩秋の気配もあり、季節感に狂いが生じてます。
創立6周年記念シンポジウム(9/25)は盛会のうちに終了しました。ありがとうございました。
今度は10/30から始まるJISSOスクール『根幹コース』、『基板プロセス学習コース』(12/4〜12/6)でお会いしましょう。
いずれもYJCオリジナルのプログラムで、既に受講された皆様からは「役に立った」と感謝の便りが寄せられております。
関係部署にもご紹介をお願いいたします。(事務局 鷹野)


2012年9月21日(金曜日)

シンポジウム(9/25)開催迫る

カテゴリー: - admin @ 14時31分

横浜は昨日の雨で少し涼しくなりました。やはり「暑さ寒さも彼岸まで」が生きているのでしょうか。
さて、ニュース欄でもお伝えしております「YJC創立六周年記念シンポジウム」が来週火曜日に迫りました。
本日、ポスターセションの展示明細を添付いたしました。ニュース欄から入れますのでご参照ください。
席には多少余裕がございますので、今からでも申し込みができます。よろしくお願い申し上げます。
(事務局 鷹野)


2012年8月24日(金曜日)

処暑

カテゴリー: - admin @ 15時19分

昨日は『処暑』で暑さがおさまる日とか。如何お過ごしでしょうか?
オリンピックが終わり、甲子園が終わり、大学のキャンパスにはセミが鳴き秋の気配は感じるのですが、うだる暑さは変わりません。
秋に向けて、9月25日には「6周年シンポジウム」10月30日には「根幹コース」が始まります。万障お繰り合わせの上是非ご参加ください。(yjc事務局 鷹野)


2012年6月14日(木曜日)

本多進、井上博文、高橋昭雄、大山俊幸会員の受賞おめでとうございます

カテゴリー: - admin @ 12時25分

先月開催されたエレクトロニクス実装学会の総会において、下記のYJC会員各氏が次の賞を受賞されました。

「功労賞」(本多進氏:NPO法人C−NET理事長、YJC理事)、
「論文賞」(井上博文氏:日本電気)
「講演大会優秀賞」(盒蕎射沙瓠РI郵駑大学教授、YJC理事;大山俊幸氏:横浜国立大学准教授、YJC理事)

6月21日(木)午後開催の第35回YJCセミナー終了後の技術交流会でこれをお祝いし、花束贈呈をする予定です。セミナーに参加し、これらの先生方と情報交流をしてはいかがでしょうか。(事務局 鷹野)


2012年4月10日(火曜日)

お花見

カテゴリー: - admin @ 14時27分

昨年は自粛で盛り上がりに欠けましたが、今年は開花が遅かった分だけ盛り上がったようです。震災だ洪水だ爆弾低気圧だと’盛り下げる’要素が多すぎたので、小生も鬱憤を花見の宴にぶつけてきました。
景気は景気が悪いと思うから悪くなり、いいと思うから良くなるといいます。いつまでも内向きになっていないで天から授かった命を精一杯生きましょう。新年度は日本が停滞から抜け出す年です。東北だけでなく自らを復興いたしましょう。(事務局鷹野)


2012年3月2日(金曜日)

セミナー(3/22)、スクール(3/26)への参加のお願い

カテゴリー: - admin @ 13時07分

三寒四温の日々が続きますが、「寒」の日の寒さは半端ではありません。インフルエンザの季節が過ぎると花粉症のシーズンがそれに続き、なかなか楽をさせてくれませんね。
さて、ニュースやメールで度々お知らせしておりますが、「第34回YJC実装技術セミナー」が3月22日(木)、JISSOスクール2011「基板プロセス学習コース第3日」が3月26日(月)にそれぞれ実施されます。
期末の忙しい時期ですが、実装技術者、実装関連の企業経営者にとって見逃せない内容になっております。お時間をひねり出して是非ご参加ください。
(YUVEC/YJC事務局 鷹野征雄)


2012年1月24日(火曜日)

寒中お見舞い申し上げます

カテゴリー: - hpadmin @ 13時30分

新年もあっという間に過ぎてしまいましたが、ここ横浜の中華街では正月の祝い真っ只中です。遅くなりましたが今年も宜しくお願い申し上げます。
年末から新年にかけて「ニュース」やメールでお知らせいたしましたJISSOスクール2011「基板プロセス学習コース」の反響が今一つで、関係者頭をひねっております。内容や時期についてご意見やご注文がありましたら、事務局(y-jsso@ml.ynu.ac)宛てにメールを下さい。宜しくお願い申し上げます。(yuvec/yjc事務局 鷹野)


2011年11月8日(火曜日)

第33回YJCセミナー(訂正)について

カテゴリー: - hpadmin @ 15時50分

お久しぶりです。
今日は立冬ですね。やっと季節が暦にあってきた感じがします。
「ニュース」に掲載された「第33回YJCセミナー(11/29)開催ご案内」についてですが、当初のご案内では11月29日だけで(火)が抜けていました。また講演開始時間が13:00になっておりましたが13:30が正しいので訂正しました。
システムの都合上訂正の履歴が残らないので、ブログ欄で変更個所や訂正をお知らせすることにしました。
これ以外のことでも、ページをご覧になって気になることや、疑問がありましたら、ご遠慮なくご連絡ください。お待ちしております。(事務局 鷹野征雄)


2011年9月27日(火曜日)

会員名簿を更新いたしました。

カテゴリー: - admin @ 14時52分

台風15号の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
長い間更新されなかった「会員名簿」を更新いたしました。準会員を含めて400人近いメンバーが参加しておりますが、賛助会員、法人会員、(個人)正会員のみ掲載いたしました。ご参照ください。
尚、新たな資料として、先の創立5周年記念シンポジウムで小泉理事が講演した「YJC5年間の活動概況」を掲載いたしました。併せてご参照ください。(事務局 鷹野)


2011年9月20日(火曜日)

台風接近/明日研究会があります。

カテゴリー: - admin @ 16時06分

 迷走台風15号の北上が始まったようです。ここ横浜の事務所付近は現在小雨が降ったりやんだりで、まだ台風の実感はありません。皆様も十分お気を付け下さい。
 ところで、15日間の長期研修であった ”電子機器実装 即戦力養成コース”は無事先週完了しました。お陰様で概ね満席の受講者を迎えることが出来、関係者一同ホッとしているところです。ありがとうございました。
 また、明日は協賛セミナー「JIEP先進実装技術研究会」が下記の通り開催されます。まだ空席があるようですのでご参加をお願い致します。(事務局 鷹野)

            記

【主  催】 JIEP先進実装技術研究会・電子部品研究会(共催)
【協  賛】 NPO法人サーキットネットワーク(NPO C-NET)
      よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC) 
【開催日時】 2011年9月21日(水)  13時30分〜17時05分
【会 場】 回路会館会議室
【参 加 費】 JIEP会員  :5,000円   JIEPシニア会員:1,000円
         NPO C-NET:5,000円   YJC会員    :5,000円
          非 会 員:8,000円     学  生  :1,000円
【プログラム】
13:30〜14:10
 1.マイクロバンプテクノロジーの現状と動向、課題
        日本アイ・ビー・エム(株) 東京基礎研究所 鳥山和重氏
14:10〜14:50         
 2.レーザー変位法を用いたソルダペーストぬれ性評価装置の開発
     群馬大学 大学院工学研究科機械システム工学専攻 荘司郁夫氏
14:50〜15:30
 3.半導体パッケージ基板用層間絶縁材料の現状と動向
  味の素(株) バイオ・ファイン事業本部バイオ・ファイン研究所 奈良橋弘久氏
15;30〜15:45    休  憩
15:45〜16:25
 4.車載用水晶振動子の技術動向  (株)大真空 技術部 有村博之氏
16:25〜17:05
 5.3次周波数温度曲線と優れたエージング特性をもつ高安定SAW発振器
    セイコーエプソン(株) マイクロデバイス事業部 山中國人氏
                          以上


2011年9月2日(金曜日)

シンポジウム(9/6)まだ席に余裕あります。

カテゴリー: - admin @ 15時49分

 夏の甲子園が終了すると同時に秋風が吹き始めました。台風が近づいているようですがいかがお過ごしですか?USAのアイリーンの例もありますので、十分お気を付け下さい。
 さて、本欄「ニュース」でお知らせしております「YJC創立5周年シンポジウム」(9/6)が4日後に迫りましたが、席に余裕がございます。ご都合をつけてご参加いただければ幸いです。「KAMOME Pj」(SiC等大電流パワーモジュール用実装材料評価プロジェクト)は、どのような課題が「産」「学」「公」の利害に合致し協働に至るかのケーススタディーになるかと思います。
 パワーエレクトロニクスがテーマであり関東1都3県はもちろん福岡県、山口県、岡山県、兵庫県、大阪府、京都府、大阪府、愛知県、静岡県、茨城県、群馬県など遠隔地からの参加が目立ちます。オープンディスカッションや交流会での情報交流は日常とは異なるヒントを与えてくれるでしょう。是非お越しください。
(お申込みは本欄「ニュース」からお願い致します)

ところで、これまではブログに対して皆様のコメントを書き込めなかったのですが、今回から書き込み可能になりましたので、皆様の忌憚のないコメントをお書き下さい。(事務局 鷹野)


2011年8月9日(火曜日)

フォーラムに投稿してください

カテゴリー: - admin @ 12時26分

高校野球が熱戦を繰り広げています。
立秋は過ぎましたけれど、これからが夏本番です。熱中症にお気を付け下さい。

さて、本日ある会員から「フォーラムの投稿できない」というメールをいただきました。
小生も投稿したことがないのでやってみると意外に面倒です。

投稿の仕方を簡単に整理いたします。
まず会員専用メニューの「フォーラム」をクリックします。
次に「YJC全般に関する質問」または「イベントに関する話題・質問」のいずれかをクリックします。
開いたページの右上の位置に「NEW TOPIC」というボタンがありますので、これをクリックすると「投稿する」というページになります。「題名」「メッセージ」を記入し「送信」をクリックしますと完了で「投稿ありがとうございました」とのメッセージが表示されます。
尚既に投稿されたトピック(題名)をクリックしますと「返信」欄が出てきますので、これにコメントを附すことが出来ます。ここから新しい話題(トピック)を投稿する場合は左下にも「NEW TOPIC」のボタンが表示されていますのでそれをクリックしてください。

以上ですがトライしてみてください。
尚、フォーラムのテーマをもう少し具体的な活動に絞り込んでゆきたいと考えております。引き続きウォッチをお願い致します。(事務局 鷹野)


2011年8月2日(火曜日)

9月6日のシンポジウムに参加してください

カテゴリー: - admin @ 17時12分

暑中お見舞い申し上げます。
放射能汚染に余震や集中豪雨が追い打ちをかけ、なかなか安心・安全になりませんね。でもすべてを受け入れ「これでいいのだ」と天才バカボンのパパの気持ちになって乗り切りたいと思います。
東北では夏祭りが例年通り執り行われ鎮魂とチアアップに一役かっています。小生も地元の盆踊りに参加してわずかながら義捐金を寄付してきました。「踊るアホーに見るアホー」どうせなら明るくやりましょう。
ところで、9月6日(火)の「YJC創立5周年記念シンポジウム」のお申し込み状況が今1歩で困っています。知恵を集めてエネルギーの今日的課題に取り組んでいます。是非ともご参加ください。宜しくお願い致します。(事務局 鷹野)


2011年6月7日(火曜日)

高木清様、宮代文夫様、門田健次様 エレクトロニクス実装学会表彰おめでとうございます

カテゴリー: - admin @ 10時46分

財団法人エレクトロニクス実装学会(JIEP)の通常総会で
YJCの会員がそれぞれ下記の賞を受賞されました。
心から、受賞をお祝い申し上げます。

・睫收桐諭YJC理事) 
  平成22年度JIEP学会賞
  (受賞理由: プリント配線板の高度化技術の普及と標準化に関する功績)

・宮代文夫様(YJC理事) 
  平成22年度JIEP功績賞
  (受賞理由: JIEPの運営への貢献と国際活動への長年の貢献に対する功績)

・門田健次様(YJC会員、他2氏/電気化学工業株式会社) 
  平成22年度JIEP技術賞
  「複合放熱部材におけるパーコレーション理論の適用と高熱伝導材料の開発」

詳細は、JIEP学会誌あるいはHPをご覧下さい。(YJC理事 藤平)


2011年5月17日(火曜日)

KAMOME-PJ キックオフ大会

カテゴリー: - hpadmin @ 17時10分

平成23年4月19日(火) PM1:00〜17:10 横浜国立大学 内で標記
大会が催されました。その様子をお伝えいたします。(事務局 大竹康久)

1.挨拶
 石原工学研究院 院長   
H18から よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)がスタートし、着
実に活動して成果を出してきている。横国大の知を結集する場が必要で、その場
があれば産学官が結びつき成果を出すことが出来る。その観点から、本PJに
は大学も全面的に支援するので、知を借りて本PJが成長することを祈念する。
  
白鳥YJC理事長
福島原発事故から、環境問題がクローズアップされてきた。二酸化炭素25%
削減のためには原発必要であったが、これが頓挫。自然エネルギーでいかに賄
うかがポイントになるが、横浜市のスマートグリッドや日産のEVリーフなど、
省エネの次の時代を築くのはパワエレである。大学は共同研究を行っているが
コンソーシアムを組んでの実績は無く、本PJのごとく同業他社が集まり実装材
料評価の基礎をつくるというのは今までに例が無い。高橋先生の材料開発と評
価及び于先生の信頼性評価が本PJの大きな推進力となり、試行錯誤があると
思うけれども“Competition & Collaboration”をキーワードに頑張ってい
ただきたい。

2.アドバイザー企業紹介
アドバイザーとして参加する4社(日産自動車、カルソニックカンセイ、ルネ
サスエレクトロニクス、ローム)からそれぞれ本プロジェクトに対する期待と
決意が表明された。   

3.企業紹介(16社)
宮代世話人によるPJ参加企業紹介順に、簡単な挨拶が行われた、その後、モジ
ュールの試作を行うシーマ電子(株)の小嶋Pより挨拶があった。Package
の試作・評価などで15年の実績があるが、200℃以上の高温では従来知識で
Break Throughできない。PJ会員の英知を借りて、プロトタイプ モジュールの試
作を行っていきたい。

4.講演 「ロームにおけるSiCパワーデバイス・モジュール開発の現状」
                         ローム(株) 中村氏
PN接合は、150℃辺りから挙動が不安定になる。SiCは高温で十分動作し、
論文では1000℃までPN接合が持つとの報告がある。600〜1200Vの
高耐圧分野であるHEV&EVのPackageを含めた周辺部品を目指すが、
電流UpにはChip面積Upが必要で、SiCは欠陥多で歩留悪くコストア
ップ。2000年にできたSiCの結晶は欠陥が多かったが、現在はDeviceが
作れるまでに欠陥が減少してきた。 
ロームではエピタキシャル成長機や結晶の引き上げ機を製作して、独自にSiC
の結晶を作っている。SiC−SBD 50Aのモジュールの開発を開始し製品化した。
SiC モジュールは高温動作可能でSwitchingが速く、2011年度は1200Vx100A
クラスの量産を開始する。高温動作は、温度が変わるごとに厳しくなり、250℃
ではサイクル テストで全て数回でNGになってしまい、それを越える温度では
更にハードルが厳しくなる。高温の温度サイクル テストに耐えうる封止及び接
合材があれば、是非連絡をいただきたい。

5.実施構想紹介
  高橋PJリーダから材料評価のやり方と評価項目の紹介、宮代世話人からPJ
実行のFlow Chartの説明、冨永委員からはPJ目標管理の説明、合志委員からは
材料・部品評価希望事前調査結果の紹介があり、その後質疑応答を行った。
  5月13日に、プロジェクト推進WG、樹脂材料WG、接合材料WGの3WGが
集う総合Meetingを実施。その時に、基本的な構想はプロジェクト推進WG
から提案されるが、標準計測法や評価Sample形状など標準化に絡む事項を打
ち合わせる。プロトタイプ モジュールの大きさは大体30x50mmで、封止用の
金型は2種類作製する計画。

6.研究室見学
高橋研究室、于研究室、河村研究室を3班に分けて見学。 約1時間
交流会
 工学部の食堂にて開催。 KAMOME−PJの運営業務を担当するNPO法人YUVEC
理事長の山崎氏及び試作や信頼性評価を行う神奈川県産業技術センターの大塚副所長
より挨拶をいただき、本PJ世話人の宮代氏が本PJが正式にキックオフできたこと
を宣言し乾杯の音頭をとった。 約50名が参加されて交流を深める中、大会に参加で
きなかった横国大の河村先生からも挨拶をいただき、本PJ参加企業から一言ずつ挨拶
をいただい。最後に神奈川科学技術アカデミーの唐澤顧問より締めの挨拶をいただき
散会した。


2011年5月6日(金曜日)

5月病?(6月9日総会です)

カテゴリー: - hpadmin @ 14時01分

ゴールデンウイークもほぼ終わり、仕事モードへの切り替えに苦労していませんか?
地震、津波、原発事故、計画停電、消費自粛と坂道を下りる感覚は高度成長を共有してきた世代には受け入れがたいものがあります。人災も多数見られ、小生も「鬱」を感じております。5月病ですかね。
ところで、YJCではパワーモジュール用実装材料評価プロジェクト「KAMOME PJ」がスタートし、関連の「サポイン」応募などもあり、関係者は休み返上の忙しさの中におります。皆様の積極的なご参加と成果があってはじめて苦労が報われますので、是非とも熱いご声援をお願い致します。
また、新しい会員制度による会員の分類も完了し、YJC総会(6月9日午前)に向けて準備が始まりました。当日午後は第32回YJCセミナーを開催いたします。内容についてはニュース欄でお知らせいたしますので、予定に入れておいてください。
知恵と勇気でピンチをチャンスに変えてゆきましょう。
(事務局 鷹野征雄)


2011年4月7日(木曜日)

会員専用ページが更新されました

カテゴリー: - hpadmin @ 23時45分

新年度に入り新しい会員制度が始まりました。
これに併せて、本サイトもリニューアル中ですが、本日エレクトロニクス実装学会のご協力を頂き下記の記事をアップいたしました。ログインしてご覧下さい。
尚、「ユーザー名」を忘れた方は事務局にご確認下さい。「パスワード」を忘れた方は「ユーザー名」を入れて「ログイン」をクリックすると「パスワード」再発行画面が出ますのでそれに従ってください。

           記           
   (ログイン→会員専用資料→2.実装技術資料)
1)平成23年3月9日開催
  第25回エレクトロニクス実装学会春季講演大会
  チュートリアルセッション予稿集 実装技術概説
 予稿集(実装技術概説)表紙(PDF 4KB)
 第1章 実装の重要性 (PDF 1.62MB)
 第2章 プリント配線板の役目とその作り方 (PDF 0.73MB)
 第3章 電子部品とその実装 (PDF 1.19MB)
 第4章 身近なデジタル機器 (PDF 0.77MB)
 第5章 電子機器の実装に関わる設計と製造 (PDF 1.60MB)
 第6章 電気自動車のインパクト (PDF 1.07MB)
 第7章 宇宙に広がる実装技術 (PDF 0.33MB)
                           以上(事務局 鷹野)


2011年3月29日(火曜日)

会員登録変更をお願い致します

カテゴリー: - hpadmin @ 11時12分

 東日本大震災から2週間以上が経ち、復興に向けて各方面での努力が続いておりますが、被災地の状況、原発の状況や計画停電は日本中を暗くしております。改めて犠牲者のご冥福を祈り、被災者へのお見舞いを申し上げたいと思います。
 ところで、会員の皆様には3月11日地震直後の時間帯に「平成23年4月以後の会員区分選択のお願い」のメールを差し上げましところ、20社を超える法人会員登録、20人を超える(個人)正会員登録、30人を超える準会員登録をいただきましたが、ご返事をいただいていない方が多数おられます。震災後の復旧、復興でお忙しいとは存じますが、ご意向をお知らせいただきたくよろしくお願いいたします。
 また、非会員でこのブログを見ていただいた方は是非本ページから「入会申し込み」をしていただきたくお願い申し上げます。
(事務局 鷹野征雄)


2011年3月17日(木曜日)

被災お見舞い申し上げます

カテゴリー: - hpadmin @ 09時45分

 被災した皆様に心からお見舞い申し上げます。
 イベント/会議が中止/延期になり、小生は自宅でやれることをして過ごしています。11日、横浜の事務所で震災にあい、およそ45キロを徒歩で帰宅したくらいで、小生の周囲は被害軽微です。しかし、報道で知る被災者の方々の苦難と苦しみに心が痛み、平常心が取り戻せません。
 ブログやニュースでお知らせした「基板プロセス学習コース」も「モダンダンス部自主公演」も延期されました。新しい日程が決まり次第、改めてお知らせいたしますので宜しくお願いいたします。
 困難にくじけることなく「希望」に向かって進んでいる皆様に心から声援を送ります。がんばってください。
(事務局 鷹野)


2011年3月8日(火曜日)

耳よりな話?

カテゴリー: - hpadmin @ 11時32分

事務局のNPO法人YUVECは「大学から地域へ」を合言葉に双方の架け橋を目指しています。
日頃技術に集中されている方に「耳寄り(?)」なお話を一題。
横浜国大学長補佐を務めている高橋和子教授が顧問をされている横浜国大モダンダンス部
の自主公演が3月20日18:30から相鉄いずみ中央駅徒歩1分のテアトルフォンテで開催されます。
料金前売り1,000円当日1,300円となっています。

日曜日の夕方ご家族とリラックスされてはいかがでしょうか?
詳しくは「横浜国立大学モダンダンス部」HP
http://www.geocities.jp/yokokoku_dance/で、ご検索下さい。
(事務局 鷹野征雄)


2011年3月3日(木曜日)

エレクトロニクス実装学会春季講演大会(チュートリアルセッション)について

カテゴリー: - hpadmin @ 11時15分

3月8日(火)〜10日(木)に開催される第25回大会が迫ってきました。今年は横浜国立大学で実施されることもあり、日頃YJCでお世話になっている先生方のお役にたてればいいなと思っています。

ところで「チュートリアル」という言葉を皆様ご存知でしたか?小生不勉強のせいで「本来は個別指導、家庭教師、指導書などを意味する言葉で、パソコンの場合、特定のソフトやハードを初めて使う人向けに、機能や使い方の概要を教える機能を指します。」という意味だということを知ったのは一昨年の春季講演会の時でした。この年から、「チユートリアルセッション」はYJCが担当しております。

今年も、3月9日(水)10:00〜15:45 E会場で開講されます。高校生から中堅技術者まで楽しく聴ける内容ですので是非ご参加ください。

【プログラム】
1.実装の重要性       横浜国立大学工学研究院        羽深 等
2.プリント配線板の役目とその作り方  よこはま高度実装技術コンソーシアム  高木 清
3.電子部品とその実装     よこはま高度実装技術コンソーシアム  本多 進
4.身近なデジタル機器     NECシステム実装研究所       井上博文
5.電子機器の実装に関わる設計と製造   株式会社 東芝      ハ甫谷明彦
6.電気自動車のインパクト   よこはま高度実装技術コンソーシアム  宮代文夫
7.宇宙に広がる実装技術    横浜国立大学共同研究推進センター   村富洋一
                                          以上(事務局 鷹野征雄)
                          


2011年2月15日(火曜日)

なぜ「KAMOME」PJ?

カテゴリー: - hpadmin @ 12時07分

昨日、「SiC等大電流パワーモジュール用実装材料評価PJ」を
「KAMOME PJ」と呼ぶ案が有力と書きましたが、なぜそう呼
ぶのでしょうか?

「Kanagawa Advanced Module for Material Evaluation」
を「K    A    MO    M    E  」と
短縮すると「KAMOME」になります。

「かもめ」は横浜国大のイメージキャラクターのようであるし、
語呂もよいのではないでしょうか。

それにしても「かもめのジョナサン」や”かもめのミナサン”
を想ってしまうのは世代のせいせいですかね?

(事務局 鷹野)


2011年2月14日(月曜日)

久しぶりの書き込みです

カテゴリー: - hpadmin @ 16時44分

皆様、お元気でお活躍のこと何よりです。
1年以上ブログが更新されていないと各方面からお叱りを
頂きました。拙速でもないよりマシ。とにかく書きます。

2月2日(火)に開催した「パワエレ」フォーラムは「日産
リーフの開発」に関する講演と「SiCとその関連材料」に
関する国際学会、欧州学会の動向報告が話題を呼び、150名
を超える参加者で会場には熱気が漂いました。

第2部の情報交換会も50人以上が参加し、活発な交流が行わ
れました。

その席で紹介された 「SiC等の大電流パワーモジュール用
実装材料評価PJ」は現在参加者募集中ですが、順調に参加
者が増えております。

関係者の会議でプロジェクト名が長すぎるので良い名を検討
したところ、「KAMOME」PJ(かもめプロジェクト)
の案が有力になっております。最終的には3月末にメンバーを
固定し、名称を含めた詳細を決め、4月にキックオフという
段取りです。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

(事務局 鷹野)


2009年11月30日(月曜日)

第27回YJCセミナー(JIEP先進実装技術研究会共催)を開催しました

カテゴリー: - hpadmin @ 13時15分

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    第27回YJCセミナー(JIEP先進実装技術研究会共催)
  ―JEITA発行・2009年度版日本実装技術ロードマップ報告会―
     高密度化する電子機器実装技術の動向を探る
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆概要
(社)電子情報技術産業協会(JEITA)では2年ごとに「日本実装技術ロード
マップ」と「電子部品技術ロードマップ」を発行し,本年春には2009年度版
が発行されました。電子機器実装は軽薄短小化,高機能化に向けて高密
度化,複雑化が加速しています。こうした状況の中で,本ロードマップは,
むこう10年間にわたる技術動向を電子機器,半導体IC,電子部品,プリン
ト配線板,実装機器別に主要各社にアンケートし,単に技術動向のみでな
く,チャレンジ必要項目も含めてまとめられています。今回はそのロードマ
ップの概要を紹介してもらうことに致しました。電子機器設計から電子材料,
実装,検査等,幅広い技術,営業の方々に近未来動向を理解して頂き,そ
れを事業推進に生かして頂く絶好の機会と思われますので,奮ってご参加
ください。

◆開催日時:2009年10月26日(月)  13:00〜17:00

◆会場:横浜国立大学工学部C講義棟C102室       
       交通案内:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_index.html     
        
       学内地図:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_19.html 
               (キャンパスマップ中の59)

◆資 料 代:YJC/JIEP会員 5,000円
            非 会 員 8,000円
        (会場にてお支払いください。領収書をさし上げます。)  
 
◆プログラム:
 13:00〜13:15 
   『2009年度版日本実装技術ロードマップ発行に当って』 
          実装技術ロードマップ副委員長 春日 壽夫氏
                      (NECエレクトロニクス?)
 13:15〜14:15
   『電子機器の動向』
        WG-1主査 間仁田 祥氏 (カシオ計算機?)

 14:15〜14:50
   『半導体デバイスの動向』
         WG-3主査 春田 亮氏 (?ルネサステクノロジ)

 14:50〜15:20
   『電子部品の動向』
         WG-4主査 梶田 栄氏 (?村田製作所)

           15:20〜15:30  (休 憩)

15:30〜16:30 
  『プリント配線板の動向』
         WG-5主査 宇都宮 久修氏
      (インターコネクション・テクノロジーズ?)
 
16:30〜17:00
  『 実装設備の動向』
        WG-6主査 井上 高宏氏
     (パナソニックファクトリーソリューションズ?) 
               
                     (以上)


2009年2月16日(月曜日)

第25回YJCセミナー(JIEP共催)開催されました。

カテゴリー: - hpadmin @ 13時25分

第25回YJCセミナー(JIEP共催)開催されました。

                          よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)
                            理事/横浜国立大学准教授  干  強

 あけましておめでとうございます。日頃はYJC活動にご協力頂き有難うございます。
さて,下記により第25回YJCセミナーをJIEP先進実装技術研究会との共催で開催致します。
今回は接合を中心に新接合材料、接合装置、信頼性、検査でまとめました。
ご参加の方は下に添付の参加申込票にご記入の上、同票記載のE-mailまたはFAXにて
1月27日(火)までにお申し込み下さい。

                  記
【日時】 2009年2月2日(月)  13:00〜17:10
【会場】 横浜国立大学 教育文化ホール (正門から徒歩5分)

          交通案内:ttp://www.ynu.ac.jp/access/acc_index.html
          学内地図:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_19.html

【参加費】   YJC会員:3,000円、JIEP 会員:3,000円、非 会 員:5,000円、学  生:無料
                (当日徴収:領収書を発行します。)
【お申込み】下記参加申込票に必要事項をご記入の上、同票記載のE-mailまたはFAXにてお申
        し込みください。(お申し込み期限:1月27日(火))

【プログラム】
1.13:00〜13:40  「新規接合方式の紹介!!常温での金属の瞬間接合材:NanoFoil」
                   ?イトー 営業部 スペシャリスト 高橋 隆一氏
2.13:40〜14:20  「高信頼性5元鉛フリーはんだ」  
                   富士電機アドバンストテクノロジー?
                    生産技術研究所 第一開発グループ渡邉 裕彦氏
3.14:20〜15:00  「鉛フリーはんだの低酸素濃度リフロー炉の利点」
                   日本アントム? 開発部 部長 広瀬 稔氏

         15:00〜15:10  休 憩
 
4.15:10〜15:50  「鉛フリーはんだの大気中と窒素雰囲気中での
              リフローソルダリング性能の差異解析」
                  東芝ナノアナリシス?
                    評価解析技術センター
                      製品解析技術ラボ 主務 中谷 瑞葉氏
5.15:50〜16:30  「鉛フリー電子部品の実装構造信頼性評価の現状と課題」
                   横浜国立大学 助教 澁谷 忠広氏
6.16:30〜17:10  「モアレ干渉技術を使った実装基板・ウェハバンプ等の3次元検査装置」
                   ジャパンコーヨン? 代表取締役 古谷 睦男氏

【 お問合せ先】  よこはま高度実装技術コンソーシアム事務局 (NPO法人YUVEC)

         TEL: 045-340-3981   FAX: 045-340-3982

【お申し込み方法】 FAXまたはE-mailにてお申し込みください。(お申し込み期限1月27日)
● FAXの場合は本ページをプリントアウトしていただき、下記参加申込票に必要事項をご記入
    の上 045-340-3982 までお送りください。
● E-mailの場合は下記参加申込票」に記載の必要事項をご記入いただいたメールを 
    y-jisso@ynu.ac.jpまでお送りください。
● お申込み期限  1月27日(火)
【第25回YJCセミナーFAX申込票】   045-340-3982 宛
下記必要事項をご記入の上、ふぁxまたはE-MAILでお申込みください。
・ 氏名
・ 会社/学校名
・ 所属
・ E-mailアドレス
・ 会員、非会員、学生の別(該当項に○印をお願い致します。)
         1.YJC会員 2.非会員 3.学生


2008年9月2日(火曜日)

[無題]

カテゴリー: - hpadmin @ 13時27分

平成20年9月11日(木)、横浜シンポジア(産業貿易センタービル9階)にて「よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC) 創立二周年記念シンポジウム」が開催されました。 当日は、時折小雨がぱらつく中、実装技術関係者、大学関係者を中心に110名を越える方々にお集まりいただき、成功裡に終えることが出来ました。 夜は懇親の場も設けられ、参加者の方々は活発な意見交換や情報交換を行っていました。

【プログラム】
第1部 13:00 〜 14:00 ポスター展示見学の部         
各大学及び研究者並びに各機関・企業のポスター展示

第2部 14:00 〜 15:20 ご来賓挨拶及び招待講演の部
 ご来賓:関東経済産業局 地域経済部長                    吉澤 雅隆 氏
神奈川県政策部 総合政策課 科学技術・大学連携室長 渡部 康一 氏
横浜国立大学 産学連携推進本部 副本部長 中野 孝昭 氏

招待講演 : 福岡大学 工学部 電子情報工学科 教授 友景 肇 氏
  プロフィール : 九州よりアジア地区への半導体技術の普及のために多大な努力をなされており、アジアを含めた “シリコンシーベルト福岡”  “半導体実装国際ワークショップ” 等の組織化及び運営を幅広く行われています。
演 題 : 「九州からアジアへ −半導体実装での取り組み−」

第3部 15:35 〜 17:50 パネルディスカッションの部
テーマ:「YJC活動紹介から、産学公連携の要諦を探る」
趣旨 : 高度実装技術を神奈川から世界へ発信したいとの思いで、“よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)”を立ち上げ活動してきました。 ここでは、これまでの取組みの報告とともに、国内他機関の実装関係の産学連携活動、産・学・公の役割等に焦点をあて、今後の新たな産学公連携のあり方を探ってみたいと考えております。

モデレーター :YJC理事長 (横浜国立大学 名誉教授) 白鳥 正樹
パネラー :YJCの活動紹介:横浜国立大学 大学院 教授 羽深 等
教授 高橋 昭雄
連携先大学・研究者及び機関・企業の方々 
●福岡大学 教授                友景 肇 氏
●長野県工科短期大学校 客員教授        傳田 精一氏
●関東経済産業局 地域経済部長         吉澤 雅隆氏
●(財)神奈川科学技術アカデミー イノベーションセンター長  唐澤 志郎氏
●(株)図研 取締役 営業本部長        上野 泰生 氏
●(株)日産自動車 電動駆動研究所 主管研究員 忍足 俊一 氏
●(株)TSUNAMIネットワークパートナーズ 代表取締役社長 呉  雅俊 氏

第4部 18:00 〜 19:00 懇親の部 
      ポスター展示:レセプション会場にて懇親並びに情報交換

【ポスター展示 見学の部】
  協賛企業7社の他、大学関係から福岡大学(2件)、関東学院大学(2件)、
長野県工科短期大学校(2件)、東海大学(2件)、東北大学(1件)、神奈川
工科大学(1件)、金沢工業大学&横浜国立大学(共同で2件)、横浜国立大学
(5件)、総数28枚のポスター展示があり、説明員の話に熱心に耳を傾ける姿が見かけられました。 各大学及び企業から有益な最新情報を得られるとあって、開始時間早々から多くの方々が会場に詰め掛け、会場となったロビーホールは盛況を呈していました。

【来賓挨拶及び講演の部】
 ポスター展示会場に隣接している大会議場にてスタート。 国際会議も開催され
る本格的な大会議場で、YJCの創立二周年記念行事を開催するにふさわしい会場
でした。  まず主催者であるYJCの白鳥理事長より、参加者に対するお礼と二周
年を迎えたYJCのこれまでの活動及び今後の展開を含めた挨拶がありました。 
ついで、関東経済産業局 地域経済部長の吉澤 雅隆様より、日本がどう生き残るかそれは人作り(人材育成)にかかっており、YJCは色々工夫して取り組んでいるので注目しているとの話がありました。 神奈川県政策部 総合政策課 科学技術・大学連携室長の渡部 康一様より、4月に科学技術室が科学技術・大学連携室に変わったので大学との連携強化をより一層はかっていくが、神奈川県は研究開発型企業が多く72の学術研究キャンパスがあるので、企業のOnly One技術と大学の技術のネットワークを構築し次世代パワーエレクトロニクス実装技術を推進しているYJCを大きく育てていきたいとのお話がありました。 横浜国立大学 産学連携本部 副本部長の中野 孝昭様より、YJCのユニークな活動に対して国や自治体から協力が得られるようになり、今後実装の体系化に期待するとの話がありました。
引き続き行われた招待講演は、福岡大学工学部 電子情報工学科教授の 友景 肇氏(写真)より
『九州からアジアへ  − 半導体実装での取り組み −』との題目で行われました。 友景教授は、半導体の実装にかかわる企業の多い九州を中心としたいくつものコンソーシアムに中心的な役割を果たしており、2007年の文科省の知的クラスター創生事業に選出され、九州の半導体企業間の密なネットワーキングを及びアジア半導体機構設立によるアジアの半導体実装に関わる情報収集を積極的に展開されています。 非常にエネルギッシュでアクティブな活動を多岐にわたりお話いただき、参加者に強いインパクトを与えました。

【パネルディスカッションの部】
 パネリストの方々から簡単なプレゼンテーションをしていただき、その後白鳥理事長の舵取りのもと、各々の立場で考える実装技術、実装の今後について意見交換が行われました。 長野県工科短期大学校の傳田先生は、長野実装フォーラムの構成が産:学=9:1で多くの企業を巻き込んで活動し成果を挙げており、大学にとってはニーズ指向の研究が重要との考えを述べました。 関東経済局の吉澤様は、ファンドを入れ得た利益は分配するというOpen Innovation Styleの産学官連携で開発を進め、人材育成は大学と産業界の対話を促してミスマッチを解消し地域の技術者と教育界の連携にて将来のイノベーションを担う工学系人材を増やすとの考えを、神奈川科学技術アカデミーの唐澤様は「次世代パワーエレクトロニクス」プロジェクトの取り組みについて、日産自動車の忍足様はYJCへの期待を、図研の上野様はエレクトロニクス産業の進化に対するシミュレーション技術導入の重要性を、TSUNAMIネットワークパートナーズの呉様は金融の視点からベンチャー企業育成と産学連携のあり方を述べました。 会場からは、どのようにして新しいプロジェクトを発掘するか、人材育成は日本だけの視点でいいのか海外からの受け入れも重要では 等という質問や意見が出されました。 YJCの合志事務局長から、今後のYJC活動を更に活性化するために企業からのニーズを広く集めたいとの意見があり、今後のYJCの活動が大学間の連携はもちろん産官との連携強化にて発展していく期待を感じるものとなりました。

【懇親の部】
午後1:00から始まったシンポジウムもあっという間に5時間が経過し、懇親
の部に突入。 ゲストとして野村総合研究所 技術・産業コンサルティング部の
主任コンサルタントの岩間氏より、実装技術をビジネスに生かすにはとの観点か
らショートレクチャーがあり、軽食を取りながら耳を熱心に傾ける方々や活発に
意見交換をされる方々が随所で見られました。 普段は中々接する機会がない
異種業界の方と触れ合う機会となり、参加者からは好評を博しました。 最後は、運営担当のYUVECの阿部理事長から締めの挨拶があり、無事閉会しました。(YJC事務局 大竹康久)


2008年7月15日(火曜日)

経産省人材育成事業「CAD実習コース」受講者募集

カテゴリー: - hpadmin @ 13時17分

経済産業省 関東経済産業局 
平成20年度人材養成事業
「CAD実習コース」受講者募集

よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)が実施する実力派実装技術者育成
プログラムJISSO SCHOOLの「CADコース」が経済産業省 関東経済産業局の
「平成20年度人材養成事業」として認定されました。

最近の機器設計で特に重要な高速信号処理回路のプリント配線板設計を一人1台
の端末を使っての実習を通じて、一連の流れとして学べます。今後、設計業務に
係わる方、既に関連があって、再度基礎を確認したい方、広くこの辺の知識を得
ておきたい方などに最適です。

詳細は以下の通りです。末尾のお申込み方法により応募下さい。
定員20名ですが、申し込み多数の場合は調整させていただきます。
また、申し込み時には、必ずコース名「CADコース」をご記入下さい。
(使用ツール CR5000シリーズ System Designer, Board Designer, Lightning Scenario, Lightning Realize, ADM System)

開講日:2008年8月26日(火)〜29日(金) 9:00〜17:00
場所:横浜国立大学 機器分析評価センター他
参加費:無料     (定員20名)  *コース修了書を発行します。 
日程・コース概要(月日、講座名、授業時間、授業概要)

8月26日 実装設計とシミュレーション 4H
 午前 講義により、回路設計やプリント配線板設計に必要な基礎知識、
    CADを使う上での留意事項や物の見方を学習します。
8月26日 回路設計 3H
 午後  プリント配線板を設計する上で必要となる回路設計の基本を学びます。
    回路図作成の実習を中心に行い、ネットリスト、部品表を作成します。

8月27日  基板設計(A) 3H
 午前 プリント配線板を設計する上で必要となる事前準備事項、部品のレイ
    アウト、配線、ベタ面設計の基本について学びます。ツール支援によ
    る設計を実習します。
8月27日 基板設計(B) 3H
 午後 プリント配線板の品質を高めるためのチェック方法、配置配線を効率
    に進めるための手法を学びます。

8月28日 回路検証(A) 3H
 午前 プリ解析ツールを用いて、回路トポロジのシグナルインテグリティ
   (SI)の検証、トポロジー検討等、SIシミュレーション手法を学びます。
8月28日 回路検証(B) 3H
 午後 対話型自動配線&ポスト解析用ツールを用いて、プリント配線板上の
    等長配線検討、BGAパッケージからの引き出し検討、SI検証の技法を
    学びます。回路〜基板〜回路検証のまとめ及び製造ついて学びます。

8月29日 製造検証 3H
 午前 プリント配線板の設計が完了した後に、プリント配線板の製造、加工
    ならびに実装のための検証技法について学びます。
8月29日 CAM出力現場見学(ビデオ) 3H
 午後   設計から伝送されたデータが製造データに変換されて行く状況を現場
    を撮影したビデオを見て理解を深めます。

【会場アクセス】
横浜駅(西口)のバス停9番ポールより相鉄バスに乗車。 『上星川駅行(釜台経由)』または『釜台住宅第3行』で「ひじりが丘」バス停にて下車ください。
詳しくは以下のホームページを参照ください。
横浜国立大学のHP:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_index.html

【お問合せ・お申込み先】
よこはま高度実装技術コンソーシアム(NPO法人YUVEC) 事務局 鷹野 征雄
〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 横浜国立大学共同研究推進センター内 
  電子メール:yuvec02@ynu.ac.jp TEL045-340-3981  FAX045-340-3982
【お申込み方法】(お申込み締切日7月31日)
下記FAX申込みフォームの所定事項をご記入のうえEメールまたはFAXにて。

FAX送付先:045-340-3982(NPO法人YUVEC事務局内)
「CAD実習コース」受講申込書

お申込いただきました個人情報は、当コンソーシアム事業等の情報提供や参加者募集の案内等の範囲内で利用いたします。個人情報は、取扱目的以外に利用したり、第三者に提供したりすることはありません。尚、お申込み多数の場合は調整させていただきます。また、お申し込みをされた方には8月初旬に詳しいご案内を差し上げます。


2008年5月19日(月曜日)

第24回セミナー開催通知

カテゴリー: - hpadmin @ 07時16分

今回は軽井沢にて「長野実装フォーラム」との共同開催と致します。

2008 第7回長野実装フォーラム・第24回YJCセミナー
   〈URL:http://epta.gold.mepage.jp/NJF.html〉

MEMSデバイスのパッケージング

 現在,各種のMEMSデバイスの開発と製品化が精力的に行われ,市場規模が急速に
拡大していますが,MEMSでは半導体素子と比べて気密性,熱的特性,機械的特性,
形状の超小型化などの要求と,ガラスなどの異種材料の使用などの点からパッケー
ジ技術がより重要と言われています.
 本フォーラムは,特にMEMSのパッケージ技術と関連する実装技術に焦点をあてて
企画をいたしました.今回も質問時間を長くとり,コーデイネータとともに充分に
議論して頂きます.

 主 催/長野県工科短大教育研究振興会 長野実装フォーラム,長野県工科短大
     YJC(よこはま高度実装技術コンソーシアム)
 協 賛/エレクトロニクス実装学会,長野県テクノ財団,EPTA

【日 時】 2008年6月27日(金)10:15〜17:00  懇親会17:15〜19:00

【会 場】 軽井沢プリンスホテルウエスト(長野県軽井沢町) 電話0267-42-1111
      URL: http://www.princehotels.co.jp/karuizawa/west/
      ※ JR軽井沢駅南口より徒歩15分
       (送迎バス:駅南口発 9:35・9:55,ホテル発 17:20・18:50)
   〈ご宿泊をご希望の方は特別料金の設定がありますので,ホテルの予約係
    までご相談ください〉

【参加費】 フォーラム(昼食代込み)
          : 8,000円
6,000円(長野県工科短大教育研究振興会加入企業
                  ・YJC会員・EPTA会員)
懇親会費 : 6,000円

    ※ フォーラム参加費・懇親会費は,当日支払(現金) でお願い致します.

【プログラム】
 10:15  開会・挨拶   長野県工科短期大学校校長  大澤 清一

 10:20  1.MEMSにおける実装の重要性
         YJC(よこはま高度実装技術コンソーシアム)  宮代 文夫

 10:45  2.MEMSパッケージにおける封止技術の課題と動向
         (株)ミスズ工業 実装開発チーム  千野 満

 11:25  3.MEMSの貫通電極技術
         長野実装フォーラム  傳田 精一

 12:10   《 昼 食 》

 13:10  4.MEMS光スキャナとその応用
         オリンパス(株) MEMS開発本部  宮島 博志

 14:00  5.マイクロナノ光造形によるMEMS開発
         横浜国立大学 工学部  丸尾 昭二

 14:50   《 休 憩 》

 15:10  6.MEMSの産学連携とビジネスモデル
         (株)メムスコア  本間 孝治

 16:00  7.MEMSのウェハレベルパッケージング
         東北大学 MNCセンター  江刺 正喜

 17:15  懇親会

【申込方法】6月16日(月)までに,電子メールまたはFAXでお申し込みください.

=== 参加申込み <第7回長野実装フォーラム・第24回YJCセミナー> ===

《電子メール申込》 : 宛先 [forum@pit-nagano.ac.jp ]
 氏  名:
 フリガナ:

  ( )フォーラム参加:一般(8,000円)
  ( )フォーラム参加:振興会・YJC・EPTA(6,000円)
  ( )懇親会参加  :(6,000円)

 参加費計:     円 

 勤 務 先: 
 所属部署: 
 役  職: 
 郵便番号: 
 住  所: 
 TEL : 
 FAX : 
 E-mail : 

《FAX申込》 : 長野実装フォーラム事務局宛て [FAX:0268−37−1102]
  ※氏名/勤務先/所属/住所/E-mail/TEL/FAX/
   教育研究振興会・YJC加入状況をご連絡願います.

******************************************
手塚 佳夫 ・ 浅沼 和志
長野実装フォーラム事務局
〒386-1211 長野県上田市下之郷813-8
TEL :0268-39-1111(代表)
FAX :0268-37-1102
E-mail :forum@pit-nagano.ac.jp
******************************************


2008年5月13日(火曜日)

「パワーエレクトロニクス実装研究会」第1回公開フォーラム開催案内

カテゴリー: - hpadmin @ 18時22分

『パワーエレクトロニクス実装研究会』
     第1回公開フォーラム
―未来型電気自動車のコンセプトにむけて―

 神奈川科学技術アカデミー(KAST)は、横浜国立大学と神奈川県産業技術センターの各拠点と連携し、神奈川産学公プロジェクトとして、この4月から3年間に亘る「次世代パワーエレクトロニクス」プロジェクトを発足させました。このプロジェクトの主要課題となる、電力のルギー化を進める上できわめて重要なコア技術です。その周辺技術は中小企業がかかわるところであり、地球温暖化防止への貢献度はもとより、産業への波及効果も極めて大きいものがあります。
 このプロジェクトを推進し、「パワーエレクトロニクス実装全般にわたり、広く高度な技術レベル」への応用普及を図る目的で、KASTとよこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)が中心となり、広く外部(企業、企業OB、大学、学会メンバー等)へ参加を呼びかけ、「パワーエレクトロニクス実装研究会」を立ち上げることと致しました。このスタートとして、下記の通り「第一回公開フォーラム」を開催いたします。奮ってご参加ください。

            記
開催日時  平成20年6月13日(金) 13:30〜17:00
会場    財団法人神奈川産業振興センター(中小企業センター)14F多目的ホール
      〒231-0015 横浜市中区尾上町5-80(裏面案内図参照)
主催    財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)
      神奈川県産業技術センター
      よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)
      横浜国立大学大学院工学研究院 
後援(予定)神奈川R&D推進協議会、日刊工業新聞、TVK、神奈川新聞
      日経エレクトロニクス、?TSUNAMIネットワークパートナーズ
参加費   無料
開場・受付開始   13:00
プログラム       
13:30〜13:40  ごあいさつ          KAST専務理事 高木 克彦 氏
13:40〜14:40  招待講演「パワーエレクトロニクスにおける発熱問題(仮題)」
                     元東京工業大学教授 中山 恒 氏
14:40〜15:40  調査報告「パワー半導体実装技術の動向」
                        YJC理事 宮代 文夫 氏
            15:40〜15:55  休憩

15:55〜16:40  KAST「次世代パワーエレクトロニクス」プロジェクトの紹介 
      「エコ未来型電気自動車の提案と実現」
        プロジェクトリーダー/横浜国立大学 教授  河村 篤男 氏
      「パワーデバイス高集積化に対応する実装技術の開発」
      プロジェクトサブリーダー/横浜国立大学 教授  高橋 昭雄 氏
16:40〜16:55  運営の説明  KASTイノベーションセンター長 唐澤 志郎 氏
16:55〜17:00  むすび    YJC理事長、横浜国立大学教授 白鳥 正樹 氏

【申込方法】
下の申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお送りいただくか、
メールに必要事項をお下記いただき、y-jisso@ynu.ac.jpまでお送り下さい。

【会場のご案内】
財団法人神奈川産業振興センター(中小企業センター)14F多目的ホール
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-80   TEL:045-633-5200
URL:http://www.kipc.or.jp/menu/building.html
〔JR関内駅 徒歩5分/市営地下鉄関内駅(7番口)徒歩2分/
  みなとみらい線馬車道駅(5番口)徒歩10分〕

【お問合せ先】
よこはま高度実装技術コンソーシアム(事務局:NPO法人YUVEC) 事務局長 合志誠治
TEL: 045-340-3981  FAX: 045-340-3982  E-mail: y-jisso@ynu.ac.jp  
URL: http://www.y-jisso.org/
〒240-8501横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 横浜国立大学共同研究推進センター内 
NPO法人YUVEC

【 パワーエレクトロニクス実装研究会第 1回公開フォーラム 申込書】
必要事項をご記入の上、FAX 045-340-3982にお送りください。

・ ご氏名 :

・ 会社/学校名 :

・ ご所属 :

・ ご住所 :

・ ご連絡先 : TEL                 FAX 

・ E-mail :


メールでのお申し込みの場合は、タイトルを「パワーエレクトロニクス実装研究会第1回公開フォーラム申込」として、本文に上記必要事項をご記入いただいたメールを y-jisso@ynu.ac.jp までご送信下さい。
お申込期限 6月3日(火)


2008年3月6日(木曜日)

第23回セミナー開催通知(改訂版)

カテゴリー: - hpadmin @ 09時53分

2月12日に予告を致しましたが、演題が決まりました。
また、参加費の値下げを決定いたしましたので第2報として投稿いたします。
(yjc事務局)
***********************************************************************
第23回YJCセミナー(JIEP先進実装技術研究会共催)/JRC研究発表会 開催通知
***********************************************************************
                              平成20年3月6日
YJCのセミナーも第23回を迎えることになりましたが、今回は昨年同様、講演と実装
リサーチクラブメンバーのポスターによる研究発表とで構成いたしました。ポスタ
ーは現在集約中ですが講演は下記の通りとなっております。ご参加をお待ちしてお
ります。
               記
【日時】 2008年3月14日(金)  13時:30分〜17時30分
【会場】 横浜国立大学 教育文化ホール (正門から徒歩5分)
      交通案内:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_index.html
      学内地図:http://www.ynu.ac.jp/access/acc_19.html
【参加費】 資料代 会員:3,000円 非 会 員:5,000円 学生:無 料
         (当日徴収:領収書を発行します。)
【お申込み】下記参加申込票に必要事項をご記入の上、連絡先のE-mailまたはFAX
      にお申し込みください。〔お申し込み期限:3月11日(火)〕
【プログラム】
1.13:30〜14:20
    基調講演 「微細配線形成技術の動向と課題」
           日立製作所  日立研究所  主管研究長  赤星 晴夫氏
2.14:20〜15:00
    新規感光性エンプラについて
         横浜国立大学大学院 工学研究院  准教授 大山 俊幸氏

                 休憩(15分)
3.15:15〜16:55
    電解法によるナノ機能膜の作製と構造解析
          関東学院大学工学部物質生命科学科 教授 山下 嗣人氏
4.16:55〜17:30
     ポスターセッション:各ポスターの展示説明 (会場:同所)
        (ポスターテーマは追ってご連絡させて頂きます)                                      (以 上)
***********
参加申込票
***********
・氏 名:
・会社/学校名: 
・所 属:
・E-mail:
・ 会員、非会員、学生の別(○印をお願いします)  
           会 員:     ・ 非会 員     ・ 学 生

連絡先:
**************************************************************************
よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)事務局
セミナー担当 鷹野 征雄:fwgg0988@nifty.com 秋山:y-jisso@ynu.ac.jp)
〒240-8501横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 横浜国立大学共同研究推進センター内
TEL:045-340-3981 FAX:045-340-3982 E-mail:jimukyoku@y-jisso.org
**************************************************************************


2008年1月10日(木曜日)

モノつくりの基礎技術学習支援セミナー

カテゴリー: - hpadmin @ 20時54分

  文部科学省委託事業
モノつくりの基礎技術学習支援セミナー
実装5日間コース受講生募集

セミナーの内容
会場    横浜国立大学  教文ホール

日程/募集人員       
    1月実施  1月22日〜1月26日(13:00ー17:00) 10名
    2月実施  2月18日〜2月23日(13:00ー17:00) 10名
              (但し21日は休講)
    3月実施  3月03日〜3月07日(13:00ー17:00) 10名
       
受講料   無料  (但し教材実費として1万円が必要です)

カリキュラム(3回開催いたしますが、各コースとも同一内容です)
  1日目:実装という仕事の実際 (東芝OB・宮代 文夫)
  2日目:キット実装組立て実習 (ソニーOB・小泉 孝昭)   
  3日目:電子機器とプリント板の話 (富士通OB・高木 清)
  4日目:実装の課題と今後の方向 (東芝OB・本多 進)
  5日目:講演「新分野を目指す人への期待」(人事関係者)
      討議と個別相談 (各講師他)

解説

  本セミナーは文部科学省の「再チャレンジ支援」構想に基く委託事業です。
  企業の事業転換などに伴う配置転換に対応した再教育に対する支援や、不幸に
  して失業している方の就職応援セミナーとして生かしていただく趣旨です。よ
  って受講料は実習教材実費以外は無料です。

  「実装」とは回路基板に部品を装着し エレクトロニクス製品(例えば携帯電
  話、パソコンなど)を組立てる先端技術です。
  神奈川地域には「実装」関係のモノづくり産業も多く、人材育成のカルキュラ
  ムとして「実装」が選ばれました。

  これから実装技術の習得を目指す方に、豊富な経験を持った企業OBによる実践
  的な講義と実習を提供いたします。

  最終日には県内有力企業の人事担当がメンターになり、討議と個別相談に対応
  いたします。

  
問合先・申込先
  NPO法人  YUVEC(ユーベック)
電話 045-340-3981 
FAX 045-340-3982 
E-Mail yuvec02@ynu.ac.jp

*状況により日程、講義日の変更があります。

「申し込み書」の記載事項

受講希望日 第一希望:   月 第二希望:   月
ふりがな
氏名
年齢
経歴 (講義の参考に致したく 会社名や具体的な役職名は不要ですが
職歴等をお書き下さい)
住所
電話、FAX
電子メール


2007年1月26日(金曜日)

会員登録お願いいたします

カテゴリー: - hpadmin @ 13時45分

1月25日に既存会員様向けにWEBからの再会員登録のお願いを発信いたしました。

WEBからのご登録をしていただくことにより、ログイン用のユーザー名とパスワードが発行されます。
ログインいただくと

1.YJC会員専用MENUをご覧いただけるようになります。
2.フォーラムページをご利用いただけるようになります。
3.会員専用MENU内にある会員名簿を閲覧いただけます。

会員専用MENUは今後コンテンツを追加し、会員様により多くの限定情報を発信してまいります。

今後、会員登録はWEBからのオンライン登録にて対応する予定でございます。
会員各位のご協力宜しくお願いいたします。

YJC事務局


2006年11月19日(日曜日)

YJC Blog 開設

カテゴリー: - hpadmin @ 11時42分

サイトのリニューアルに伴い,YJC Blogを設置しました.
本Blogでは,YJCの近況報告,お知らせ等に利用していくことを考えています.

RSSにも対応しておりますので,RSSリーダーなどでの購読も可能です.


14 queries. 0.081 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress